コラム

野澤和弘の写真

保護中: 政治家のことば (野澤 和弘 ③)

老後(ろうご)をすごすのに
公的(こうてき)年金(ねんきん)だけでは ()りない」
毎月(まいつき)(まん)(えん)の 赤字(あかじ)()る」
「30(ねん)(かん)で (やく)2000万円(まんえん)必要(ひつよう)」--。

そんなことが ()かれている
金融庁(きんゆうちょう)報告書(ほうこくしょ)
国会(こっかい)で 問題(もんだい)になった。

つづきをよむ
関哉直人さんの写真

保護中: 優生保護法に関する裁判と 一時金支給法 (関哉 直人 ②)

優生(ゆうせい)保護法(ほごほう)
1958(ねん)にできて、
1996(ねん)改正(かいせい)された 法律(ほうりつ)です。
障害(しょうがい)のある(ひと)などに (たい)して
強制的(きょうせいてき)不妊(ふにん)手術(しゅじゅつ)()どもができないようにするための手術(しゅじゅつ))を
(すす)めてきた 法律(ほうりつ)です。

この法律(ほうりつ)により 被害(ひがい)()けた女性(じょせい)
(くに)に お(かね)(はら)えと (うった)えた裁判(さいばん)で、
仙台(せんだい)地方(ちほう)裁判所(さいばんしょ)は 5(がつ)28(にち)
全国(ぜんこく)(はじ)めての判決(はんけつ)を ()しました。

つづきをよむ
又村あおいさんの写真

保護中: 制度やサービスのことを 知ろう!(又村 あおい ②)

障害(しょうがい)のある(ひと)(かん)する
福祉(ふくし)制度(せいど)やサービスは、
どうして ()かりにくいのでしょうか。
よく()われるのが、
法律(ほうりつ)条例(じょうれい)などには
()(かた)()まりが あり、
漢字(かんじ)ばかりで とても()かりにくい
ということです。

つづきをよむ

保護中: 知的障害と情報保障 ―「わかりやすさ」と やさしい日本語 ― (打浪 文子 ②)

知的(ちてき)障害(しょうがい)のある(ひと)たちに (たい)して、
わかりやすいかたちで
情報(じょうほう)提供(ていきょう)したり、
適切(てきせつ)な コミュニケーション支援(しえん)
()ったりすることは、
知的(ちてき)障害(しょうがい)のある(ひと)たちへの
合理的(ごうりてき)配慮(はいりょ)であり 権利(けんり)です。
ところで、
「わかりやすさ」が必要(ひつよう)(ひと)は、
知的(ちてき)障害(しょうがい)のある(ひと)たちだけなのでしょうか?

つづきをよむ

団体だんたいについて