趣意

「わかりやすさ」をみんなに

「わかりやすさ」は、自分と相手をつなぐ気持ちです。相手とわかり合いたいと思うとき、「わかりやすさ」が生まれます。

どんな障害があっても、どんなに高齢になっても、知ってほしいことがあります。彼らからも情報を発信してもらわなくてはなりません。そのためには「わかりやすさ」が必要です。

「スローコミュニケーション」は知的障害の人たちへのわかりやすい情報の研究や実践に努めてきた人々が設立しました。

知的障害者の親の会である全日本手をつなぐ育成会(現、全国手をつなぐ育成会連合会)が知的障害者のための新聞「ステージ」を発行したのは1996年です。障害当事者の編集委員を中心に福祉職員や新聞記者、研究者らが協力して発行を続けてきました。

知的障害のある人たちの社会参加や就労を進めるためには、彼らに必要な情報をわかりやすい形で届けなければなりません。自己選択や自己決定は必要な情報保障があってこそ成り立つものです。そうした思いが20年近くにわたる「ステージ」の発行を支えてきました。

障害者福祉や権利擁護の中心に意思決定支援の重要性が認識されるようになった今日こそ、わかりやすい情報保障、わかりやすいコミュニケーションが必要です。

障害の有無だけでなく、年齢や性的指向、国籍、宗教が違っていても、それぞれの存在を認め合い、理解し合うところに本当の多様性が生まれます。そうした社会の土台をつくり、さまざまな可能性を躍動させるのが、わかりやすいコミュニケーションです。

「わかりやすい文章 わかちあう文化」の研究、理解啓発の活動をスローコミュニケーションは行います。

法人概要

一般社団法人スローコミュニケーション

理事長 野澤和弘
www.slow-communication.jp
info@slow-communication.jp

設立

2016年5月15日

役員

理事長  野澤和弘
副理事長 打浪文子
理事   羽山慎亮 室津大吾
監事   大久保常明