台湾で 同性婚が 法律で認められた

台湾でおこなわれたパレード

台湾(たいわん)でおこなわれた パレード
(写真(しゃしん)提供(ていきょう)毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ))

(音声(おんせい):ゆたさん)

2019(ねん)(がつ)17(にち) 台湾(たいわん)で、
同性(どうせい)どうしの結婚(けっこん)
法律(ほうりつ)で (みと)められました。

(あたら)しい法律(ほうりつ)が できて、
男性(だんせい)男性(だんせい)女性(じょせい)女性(じょせい)
結婚(けっこん)できるように なったのです。

台湾(たいわん)では、2017(ねん)
同性(どうせい)どうしの結婚(けっこん)を (みと)めないのは
憲法(けんぽう)に 違反(いはん)しているという
裁判(さいばん)結果(けっか)が ()ていました。

そこで今回(こんかい)
同性(どうせい)どうしでも 男女(だんじょ)(おな)じように
結婚(けっこん)できるよう
(あたら)しい法律(ほうりつ)を (つく)りました。

同性(どうせい)どうしの結婚(けっこん)を 世界(せかい)(はじ)めて
法律(ほうりつ)(みと)めたのは、オランダです。
そのあと、ヨーロッパなどで
()えていきました。
アジアでは 台湾(たいわん)(はじ)めてで、
日本(にっぽん)では まだ (みと)められていません。

カップルの2(にん)が どんな性別(せいべつ)でも、
結婚(けっこん)するかどうかを えらべる 社会(しゃかい)
していきたいですね。

ニュースの種類しゅるい