熊本地震から 4年が経った

(たけ)でできた灯籠(とうろう)
()かりを (とも)
(いの)りする(ひと)たち
(写真(しゃしん)提供(ていきょう)毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ))

(音声(おんせい):ゆたさん)

2016(ねん)(がつ)14()
熊本(くまもと)地震(じしん)がありました。

熊本(くまもと)地震(じしん)では、熊本県(くまもとけん)中心(ちゅうしん)
震度(しんど)7の とても(おお)きなゆれが2(かい)あり、
地震(じしん)影響(えいきょう)で 275(にん)
()くなりました。

この熊本(くまもと)地震(じしん)から
2020(ねん)で 4(ねん)()ちました。

熊本県(くまもとけん)役所(やくしょ)では
()くなった(ひと)に お(いの)りをささげる(しき)
おこなわれました。

(しき)には、これまで毎年(まいとし)
300(にん)以上(いじょう)参加(さんか)していましたが、
今年(ことし)人数(にんずう)()らして おこなわれました。
新型(しんがた)コロナウイルスが 原因(げんいん)病気(びょうき)
はやっているからです。

およそ30(にん)が みんなマスクをして
分間(ぷんかん)(もく)とうしました。

熊本県(くまもとけん)のリーダーである
蒲島(かばしま) 郁夫(いくお) (けん)知事(ちじ)は、
災害(さいがい)()けないまちづくりをして
安心(あんしん)安全(あんぜん)()らせる
熊本県(くまもとけん)にすることを (ちか)う」と()いました。

熊本県(くまもとけん)では まだ
自分(じぶん)(いえ)()らせない(ひと)
1300(にん)以上(いじょう)います。
熊本県(くまもとけん)益城町(ましきまち)では、
(かり)につくられた(いえ)()らす(ひと)たちが
(たけ)でできた灯籠(とうろう) 500(ぽん)
()かりをともし、お(いの)りしました。

熊本県(くまもとけん)(ひと)たちが 地震(じしん)(まえ)のように
安心(あんしん)して ()らせるよう
応援(おうえん)したいですね。

 

ニュースの種類しゅるい