耳の聞こえない人に 津波を知らせる旗が 決まった

津波(つなみ)()らせる (はた)

(音声(おんせい)加藤(かとう) 愛優美(あゆみ)さん)

2020(ねん)(がつ)14()
気象庁(きしょうちょう)という (くに)役所(やくしょ)は、
(みみ)()こえない(ひと)
津波(つなみ)()ることを()らせる (はた)
()めました。

(はた)模様(もよう)は、
(あか)(しろ)四角形(しかくけい)
交互(こうご)に ならんでいて、
(いろ)()えかたに 障害(しょうがい)がある(ひと)にも
()やすいものに なっています。

津波(つなみ)とは 地震(じしん)があったときなどに
(うみ)からせまってくる (おお)きな(なみ)です。

津波(つなみ)()ると わかったら
すぐに (うみ)のそばから
はなれなければなりません。

しかし、これまでは
津波(つなみ)()ることを
(おと)()らせていたので、
(みみ)()こえない(ひと)には
わからないという問題(もんだい)が ありました。

そこで、
津波(つなみ)()ることを
(みみ)()こえない(ひと)にも ()らせるために
この(はた)()まりました。

津波(つなみ)()ると わかったら、
この(はた)海岸(かいがん)から
(うみ)()かって ()り、
津波(つなみ)()ることを
(うみ)にいる(ひと)()らせます。

(おお)きな地震(じしん)だと (かん)じなくても、
津波(つなみ)()ることが あります。
津波(つなみ)()ると わかったら
(すこ)しでも(はや)()げてください。

 

ニュースの種類しゅるい