アフガニスタンで 医者の 中村 哲さんが 銃でうたれて 亡くなった

中村(なかむら) (てつ)さん
(写真(しゃしん)提供(ていきょう)毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ))

(音声(おんせい)加藤(かとう) 愛優美(あゆみ)さん)

2019(ねん)12(がつ)4日(よっか)
アフガニスタンという(くに)
中村(なかむら) (てつ)さんという 日本人(にほんじん)医者(いしゃ)
(じゅう)でうたれて ()くなりました。

中村(なかむら)さんは、
20(ねん)以上(いじょう)も アフガニスタンで
人助(ひとだす)けを (つづ)けてきました。

アフガニスタンは
(なに)(ねん)もずっと 戦争(せんそう)のような状態(じょうたい)です。

また、ひどい水不足(みずぶそく)
作物(さくもつ)が つくれなくなり、
()べものが なくて
(くる)しむ(ひと)が たくさんいました。

中村(なかむら)さんは アフガニスタンで
医者(いしゃ)として (はたら)くほか、
アフガニスタンの(ひと)と いっしょに
井戸(いど)をほったり、
用水路(ようすいろ)をつくったりしました。

中村(なかむら)さんの おかげで、
(おお)くの(ひと)が 安心(あんしん)して
()らせるように なりました。
アフガニスタンの(ひと)たちは
中村(なかむら)さんに とても感謝(かんしゃ)しています。

(だれ)が なぜ
中村(なかむら)さんを うったのか、
まだ わかっていません。

アフガニスタンの(ひと)も 日本(にほん)(ひと)
中村(なかむら)さんの()を (かな)しんでいます。

 

ニュースの種類しゅるい