「コミュニケーションのかたち」-祖母との別れの呟きに思うこと- (打浪 文子)

 

こんにちは、あるいは、(はじ)めまして。
一般(いっぱん)社団(しゃだん)法人(ほうじん)スローコミュニケーションの(ふく)代表(だいひょう)
打浪(うちなみ) 文子(あやこ)です。

一昨年(おととし)去年(きょねん)
コラムを 担当(たんとう)していましたが、
「わかりやすい情報(じょうほう)」について
(みな)さんに お(つた)えするだけで
()いのだろうか……と、
(じつ)(すこ)(なや)んでいました。

そんな(なか)春先(はるさき)祖母(そぼ)()くし、
久々(ひさびさ)地元(じもと)方面(ほうめん)へと 帰省(きせい)しました。
コロナ()もあり、
実家(じっか)家族(かぞく)()機会(きかい)
()っていましたので、
本当(ほんとう)(ひさ)しぶりに
父母(ふぼ)(おとうと)()いました。

わたしの(おとうと)は、
自閉症(じへいしょう)スペクトラム障害(しょうがい)傾向(けいこう)
(ゆう)する、重度(じゅうど)知的(ちてき)障害者(しょうがいしゃ)です。

祖母(そぼ)通夜(つや)のために
長距離(ちょうきょり)移動(いどう)してきて、
葬儀(そうぎ)(じょう)()まることとなった (おとうと)は、
()れない環境(かんきょう)(すこ)不安(ふあん)そうでした。
けれど、納棺(のうかん)()祖母(そぼ)()ると
(しず)かになり、(ほお)()れて
「おばあちゃん ()くなりました」と、
何度(なんど)()(かえ)していました。

自閉症(じへいしょう)スペクトラム障害(しょうがい)傾向(けいこう)のある
(おとうと)何度(なんど)(おな)(はなし)をしますし、
(とき)に おうむ(がえ)しのような言動(げんどう)
あります。
普段(ふだん)から 淡々(たんたん)とした
しゃべり(かた)をしますが、
祖母(そぼ)(ほお)(つめ)たさに ()れて
()(かえ)した(つぶや)きだけは、
(しず)かな物言(ものい)いの(なか)にも
(かれ)感情(かんじょう)
多彩(たさい)()めているように(おも)えて
なりませんでした。

わたしは 大学(だいがく)進学(しんがく)()実家(じっか)()て、
(いま)(おとうと)とは (とお)くに()らしています。
けれど、わたしは
この家族(かぞく)(とも)にあり、
そして (おとうと)(とも)(そだ)った
「きょうだい」だなあと。
とくに、冠婚葬祭(かんこんそうさい)機会(きかい)には
(つよ)実感(じっかん)します。
そして、家族(かぞく)(にん)
そろったところで (しょう)じる、
自分(じぶん)家族(かぞく)()みついている
様々(さまざま)独特(どくとく)
コミュニケーションのあり(かた)を、
この(はる)(あらた)めて 自覚(じかく)しました。

そこで、今年度(こんねんど)は。
わたしが何故(なぜ)
知的(ちてき)障害(しょうがい)のある(ひと)たち(と)のコミュニケーション」に
興味(きょうみ)(つよ)()つようになったのかを、
(おとうと)家族(かぞく)との エピソードを(つう)じて
(つた)えできればと(おも)います。

研究者(けんきゅうしゃ)」や
(ふく)代表(だいひょう)」としての(かお)ではなく、
一人(ひとり)の「わたし」として。

そして、どこにでもいる
30~40(だい)
知的(ちてき)障害者(しょうがいしゃ)本人(ほんにん))」と
「きょうだい」の ()(かた)(ひと)つとして。

これまでの家族(かぞく)とのやりとりや、
(おとうと)とのコミュニケーションの
(むずか)しさや 面白(おもしろ)さ、
(とき)(にが)(おも)いをしてきたことなども
(ふく)めて、
わたしなりの
「スローコミュニケーション」の様子(ようす)
(えが)いてみたいと(おも)います。

(ねん)(かん)、どうぞ お()()いください。

((ふく)代表(だいひょう)打浪(うちなみ) 文子(あやこ))

(だい)(かい)からは
賛助(さんじょ)会員(かいいん)だけが ()むことができます。
賛助(さんじょ)会員(かいいん)になって
(わたし)たちを 応援(おうえん)してくれませんか?

賛助(さんじょ)会員(かいいん)の お(もう)()みは
こちらから お(ねが)いします。
ここをクリックすると 賛助(さんじょ)会員(かいいん)(もう)()みページが (ひら)きます

団体だんたいについて