米朝首脳会談が おこなわれた

米朝首脳会談のようすを伝える新聞

米朝(べいちょう)首脳(しゅのう)会談(かいだん)のようすを (つた)える
新聞(しんぶん)記事 (きじ)(写真(しゃしん)提供(ていきょう)毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ))

(音声(おんせい):ゆたさん)

2018(ねん)(がつ)12()(にち)
米朝(べいちょう)首脳(しゅのう)会談(かいだん)が おこなわれました。

米朝(べいちょう)首脳(しゅのう)会談(かいだん)とは、
アメリカのリーダー
ドナルド・トランプ大統領(だいとうりょう)と、
北朝鮮(きたちょうせん)のリーダー 金正恩(きむじょんうん)委員長(いいんちょう)
直接(ちょくせつ)()って(はな)す 会議(かいぎ)のことです。

この会談(かいだん)で、アメリカと北朝鮮(きたちょうせん)
平和(へいわ)のために 協力(きょうりょく)していくことを
()めました。

また、北朝鮮(きたちょうせん)
(いま)までに(つく)った 核兵器(かくへいき)
すべてなくす ()()みをすると
約束(やくそく)しました。

一方(いっぽう)で アメリカは、
北朝鮮(きたちょうせん)安全(あんぜん)を (まも)ることを
約束(やくそく)しました。

アメリカと北朝鮮(きたちょうせん)の リーダーが
会談(かいだん)したのは (はじ)めてのことで、
歴史(れきし)(のこ)る できごとです。

神戸市の中学校が、自殺した生徒の いじめに関するメモを 捨てたと うそをついた

神戸市 教育委員会の人たち

うそをついたことを (あやま)
神戸市(こうべし)教育(きょういく)委員会(いいんかい)の (ひと)たち
(写真(しゃしん)提供(ていきょう)毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ))

(音声(おんせい):おおわんはるさん)

2016(ねん)10(がつ)
神戸市(こうべし)の ある中学生(ちゅうがくせい)
自殺(じさつ)しました。

この中学生(ちゅうがくせい)
学校(がっこう)で いじめられていました。
しかし、学校(がっこう)は この中学生(ちゅうがくせい)
いじめられたせいで 自殺(じさつ)したとは
(みと)めませんでした。

また、学校(がっこう)
いじめについて 同級生(どうきゅうせい)たちに
()()りをしたときの メモを
()てたと (はな)しました。

ところが、2018(ねん)(がつ)になって
神戸市(こうべし)教育(きょういく)委員会(いいんかい)
このメモを ()てていなかったと
発表(はっぴょう)しました。

教育(きょういく)委員会(いいんかい)は、
学校(がっこう)が まちがったことをしないか
チェックをするところです。
しかし、今回(こんかい) 神戸市(こうべし)教育(きょういく)委員会(いいんかい)
メモの内容(ないよう)を 発表(はっぴょう)すると
めんどうなことになると (かんが)えました。
そして、学校(がっこう)に「メモを()てた」と
うそをつかせ (かく)したのです。

これをうけて 神戸市(こうべし)は、
いじめと 自殺(じさつ)
本当(ほんとう)に 関係(かんけい)がないのか、
もう一度(いちど) 調(しら)べる予定(よてい)です。

【解説】北朝鮮はなぜ 核兵器を つくってきたの?

北朝鮮(きたちょうせん)
1950(ねん)(はじ)まった 朝鮮戦争(ちょうせんせんそう)で、
韓国(かんこく)やアメリカなどと (たたか)いました。
朝鮮戦争(ちょうせんせんそう)
年間(ねんかん)で いったん おさまりました。
しかし、北朝鮮(きたちょうせん)
アメリカが また()めてくるかもしれない
と、不安(ふあん)でした。
そのため、北朝鮮(きたちょうせん)
核兵器(かくへいき)を つくりはじめたようです。

▼アメリカは
世界(せかい)一番(いちばん)(つよ)い (くに)です。
強力(きょうりょく)武器(ぶき)を たくさん()っています。
そして、アメリカは これまで
(わる)(くに)だ」と(おも)ったところを
武器(ぶき)で 攻撃(こうげき)してきました。
そのため、
北朝鮮(きたちょうせん)政府(せいふ)(ひと)
「(核兵器(かくへいき)開発(かいはつ)は)自分(じぶん)(くに)を (まも)るためだ」
()っています。

北朝鮮(きたちょうせん)
核兵器(かくへいき)()せて 相手(あいて)(くに)まで()ばす
ミサイルの開発(かいはつ)も (すす)めてきました。
ただ、北朝鮮(きたちょうせん)が 核兵器(かくへいき)を ()つことは、
もともと 国際的(こくさいてき)なルールで
(みと)められていません。
国連(こくれん)は 北朝鮮(きたちょうせん)(たい)して
核兵器(かくへいき)開発(かいはつ)を やめなさい」
()ってきました。

国連(こくれん)は たくさんの(くに)(あつ)まって、
世界(せかい)平和(へいわ)にする 方法(ほうほう)
(かんが)えるところです。
北朝鮮(きたちょうせん)も 国連(こくれん)のメンバーです。
しかし、北朝鮮(きたちょうせん)
国連(こくれん)()うことを ()きませんでした。
国連(こくれん)は (ばつ)として、
北朝鮮(きたちょうせん)が ほかの(くに)
貿易(ぼうえき)をしづらいようにしました。
北朝鮮(きたちょうせん)は この(ばつ)のせいで
(かね)がなくなってきました。
なので、北朝鮮(きたちょうせん)
また貿易(ぼうえき)で お(かね)(かせ)げるように、
核兵器(かくへいき)を ()てることを
(かんが)えはじめたようです。

((ぶん)堀川(ほりかわ) (さとし))

米朝首脳会談が 開かれる

トランプ大統領の写真

トランプ大統領(だいとうりょう)(写真(しゃしん)提供(ていきょう)毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ))

(音声(おんせい)西山(にしやま) 祐樹(ゆうき)さん)

2018(ねん)(がつ)2日(ふつか)
アメリカの トランプ大統領(だいとうりょう)は、
米朝(べいちょう)首脳(しゅのう)会談(かいだん)(ひら)くと 発表(はっぴょう)しました。

米朝(べいちょう)首脳(しゅのう)会談(かいだん)とは、
アメリカの (くに)のリーダー
トランプ大統領(だいとうりょう)と、
北朝鮮(きたちょうせん)の (くに)のリーダー
金正恩(きむじょんうん)委員長(いいんちょう)
直接(ちょくせつ)()って(はな)す 会議(かいぎ)のことです。

これまで トランプ大統領(だいとうりょう)は、
この会談(かいだん)の 準備(じゅんび)をしているときに
北朝鮮(きたちょうせん)が 何度(なんど)も 約束(やくそく)をやぶったので、
会談(かいだん)をやめると (はな)していました。

しかし その() 北朝鮮(きたちょうせん)
会談(かいだん)(ひら)きたいと 発表(はっぴょう)したので、
アメリカと 北朝鮮(きたちょうせん)
会談(かいだん)(ひら)くための 準備(じゅんび)
(すす)めていました。

会談(かいだん)は 6(がつ)12()(にち)
シンガポールで (ひら)かれます。

今回(こんかい)のように
アメリカと北朝鮮(きたちょうせん)の リーダーが
会談(かいだん)(ひら)くのは (はじ)めてです。

どのようなことが (はな)()われるのか
世界中(せかいじゅう)が 注目(ちゅうもく)しています。

日本大学のアメフト部の選手が わざと反則をして 相手にけがをさせた

日本大学アメフト部の監督
日本大学(にほんだいがく)アメフト()の 監督(かんとく)
写真(しゃしん)提供(ていきょう)毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ)

音声(おんせい)加藤(かとう)愛優美(あゆみ)さん)

2018(ねん)(がつ)()(にち)
日本大学(にほんだいがく)と 関西学院大学(かんせいがくいんだいがく)
アメフト()試合(しあい)が ありました。

この試合(しあい)で、
日本大学(にほんだいがく)選手(せんしゅ)が 関西学院大学(かんせいがくいんだいがく)選手(せんしゅ)
わざと あぶないタックルをして
けがをさせたことが 問題(もんだい)になっています。

このような あぶないタックルは
反則(はんそく)です。

反則(はんそく)をした選手(せんしゅ)は、
監督(かんとく)やコーチから 反則(はんそく)をするよう
指示(しじ)があったと (はな)しました。
コーチが
「(相手(あいて)の)クォーターバックをつぶせ」
などと()ったのです。

クォーターバックとは、
アメフトの試合(しあい)
仲間(なかま)選手(せんしゅ)たちに 指示(しじ)()
大事(だいじ)なポジションの 選手(せんしゅ)です。

コーチは、
「(この選手(せんしゅ)を)つぶすくらいの気持(きも)ちで
試合(しあい)をがんばれ」
という意味(いみ)だったと 説明(せつめい)しました。

監督(かんとく)は、
(わたし)指示(しじ)ではない」と 否定(ひてい)しています。

監督(かんとく)やコーチは
試合(しあい)()つことだけを (かんが)えるのではなく、
選手(せんしゅ)たちが けがをしないよう
(ただ)しく 指導(しどう)しなければなりません。

今回(こんかい)問題(もんだい)が なぜ()きてしまったのか
監督(かんとく)やコーチ、選手(せんしゅ)以外(いがい)(ひと)たちで
調査(ちょうさ)する予定(よてい)です。

「子どもを 3人以上 産んでほしい」と 国会議員が 言った

加藤寛二議員の写真
加藤(かとう) 寛二(かんじ) 議員(ぎいん)(写真(しゃしん)提供(ていきょう)毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ))

(音声(おんせい):ゆたさん)

(がつ)10(にち)自民党(じみんとう)の 加藤 (かとう)寛治(かんじ) 議員(ぎいん)は、
結婚(けっこん)したら かならず
()どもを3人以上 (にんいじょう)()んでほしい」
()いました。

また、加藤(かとう)議員(ぎいん)は (わか)女性(じょせい)たちに(たい)して、
()どもを()まなければ
将来 (しょうらい)老人(ろうじん)ホームに (はい)るときに、
他人(たにん)()どもの 税金(ぜいきん)
使(つか)うことになる」とも ()いました。

()どもを ()むか ()まないかは
自分(じぶん)()めることで、
()どもを ()むかどうかと
老人(ろうじん)ホームに (はい)るときのお(かね)
(まった)くべつの 問題(もんだい)です。

それなのに 加藤(かとう)議員(ぎいん)は、
女性(じょせい)は 結婚(けっこん)して
()どもを ()まなければいけない」
という(かんが)(かた)
ほかの(ひと)に ()しつけています。

このことについて
加藤(かとう)議員(ぎいん)は 女性(じょせい)をばかにしている」
とたくさんの(ひと)が (いか)り、
加藤(かとう)議員(ぎいん)は 発言(はつげん)したことを (あやま)りました。

国会議員(こっかいぎいん)は 女性(じょせい)(かつ)やくを
応援(おうえん)する立場(たちば)の はずなのに、
女性(じょせい)をばかにする(ひと)が いるのは
(おお)きな問題(もんだい)です。

「津久井やまゆり園」の 建てかえが 始まる

津久井やまゆり園
事件(じけん)があった 津久井(つくい)やまゆり(えん)
(写真提供(しゃしんていきょう)毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ))

(音声(おんせい):おおわん はるさん)

2016(ねん)(がつ)
神奈川県 (かながわけん)相模原市(さがみはらし)
津久井(つくい)やまゆり(えん)」という 施設(しせつ)で、
障害(しょうがい)のある(ひと) 19(にん)
(ころ)される事件(じけん)が ありました。

事件(じけん)犯人(はんにん)は、
障害(しょうがい)のある(ひと)への
偏見(へんけん)や まちがった(かんが)(かた)から
この事件(じけん)を ()こしたようです。

この事件(じけん)をうけて 神奈川県(かながわけん)は、
津久井(つくい)やまゆり(えん)を ()てかえることと
横浜市(よこはまし)に (あたら)しい施設(しせつ)を (つく)ることを
()めました。

2018(ねん)(がつ)
施設(しせつ)を ()てかえる工事(こうじ)が (はじ)まります。

ひどい事件(じけん)を 二度(にど)と くり(かえ)さないために、
施設(しせつ)を ()てかえるだけでなく
障害(しょうがい)のある(ひと)への
偏見(へんけん)や まちがった(かんが)(かた)
なくしていく()()みが 必要(ひつよう)です。

働き方を変える動きが 広がっている

仕事に行く人たち
仕事(しごと)()(ひと)たち

(音声(おんせい):おおわん はるさん)

いま 日本(にっぽん)では、
(はたら)きすぎて 病気(びょうき)になったり
自殺(じさつ)してしまったりする(ひと)
()えています。

そこで、(はたら)(かた)を ()えよう
という活動(かつどう)が (ひろ)がっています。

たとえば (くに)は、
残業(ざんぎょう)時間(じかん)を (みじか)くすることを
法律(ほうりつ)で ()めようとしています。

また、(はたら)いた 時間(じかん)ではなく
仕事(しごと)内容(ないよう)で 給料(きゅうりょう)()める
という制度(せいど)
(ひろ)めようとしています。

この制度(せいど)では、
(はや)く 仕事(しごと)()われば
(はや)く (かえ)ることができます。
しかし、仕事(しごと)(りょう)が (おお)いままだと
結局(けっきょく)は (おそ)くまで (はたら)くことになります。

仕事(しごと)よりも
自分(じぶん)(からだ)や 生活(せいかつ)
大事(だいじ)にできる (はたら)(かた)を、
みんなで (かんが)えていかなければ
いけませんね。

障害者の「法定雇用率」が 上がった

障害のある人が 働いている様子

障害(しょうがい)のある(ひと)
(はたら)いている様子(ようす)(イメージです)

(音声(おんせい)西山(にしやま)  祐樹(ゆうき)さん)

日本(にっぽん)では、
障害者(しょうがいしゃ)雇用率(こようりつ)
法律(ほうりつ)で ()められています。
それを「法定(ほうてい)雇用率(こようりつ)」とよびます。

役所(やくしょ)会社(かいしゃ)(やと)(ひと)のうち、
障害(しょうがい)のある(ひと)を どのくらい
(やと)わなければいけないかを
()めたものです。

この法定(ほうてい)雇用率(こようりつ)が、
2018(ねん)(がつ)に ()がりました。
役所(やくしょ)会社(かいしゃ)
(いま)までよりも (おお)
障害(しょうがい)のある(ひと)を (やと)うことになります。

しかし、障害(しょうがい)のある(ひと)
どんな仕事(しごと)を (まか)せたり、
支援(しえん)したりしたらいいか わからないため
法定(ほうてい)雇用率(こようりつ)を (まも)れないという
役所(やくしょ)会社(かいしゃ)が (おお)くあります。

法定(ほうてい)雇用率(こようりつ)を (まも)るためには、
障害(しょうがい)特徴(とくちょう)を 理解(りかい)して
障害(しょうがい)のある(ひと)も (はたら)きやすいように
工夫(くふう)された環境(かんきょう)
(つく)っていく必要(ひつよう)が あります。

新しい「障害者基本計画」ができた

バリアフリーになった 駅の入口の写真
バリアフリーになった(えき)入口(いりぐち)

音声(おんせい)加藤(かとう) 愛優美( あゆみ)さん)

2018ねんがつくに
(あたら)しい「障害者(しょうがいしゃ)基本(きほん)計画(けいかく)」を(つく)りました。

障害者(しょうがいしゃ)基本(きほん)計画(けいかく)」とは、
障害者(しょうがいしゃ)を どのように支援(しえん)していくかを
める 計画けいかくのことです。

(くに)都道府県(とどうふけん)は、この計画(けいかく)にそって
福祉(ふくし)サービスを ()やしたり、
施設(しせつ)を (つく)ったりします。

(あたら)しい計画(けいかく)では、(えき)やバス(てい)道路(どうろ)
バリアフリーにすることなどが
()められています。

また、(くに)
「バリアフリー(ほう)」という法律(ほうりつ)を ()えて、
知的(ちてき)障害(しょうがい)のある(ひと)
うまくコミュニケーションできるよう
支援(しえん)していくことも (はな)()っています。

2020(ねん)には、
東京(とうきょう)パラリンピックがおこなわれます。

東京(とうきょう)パラリンピックに()けて
障害(しょうがい)のある(ひと)
生活(せいかつ)しやすく 観光(かんこう)しやすい(まち)づくりを
していきましょう。