あおり運転で 男がつかまった

ドライブレコーダーが
あることを ()らせる シール

(音声(おんせい):ゆたさん)

2019(ねん)(がつ)18(にち)
(おとこ)が ほかの(くるま)(たい)して
あおり運転(うんてん)をしたあと
ほかの(くるま)を 運転(うんてん)していた(ひと)を (なぐ)り、
つかまりました。

あおり運転(うんてん)とは、
(くるま)を 運転(うんてん)しているときに
ほかの(くるま)のスピードが (おそ)いことなどに
イライラして、
ほかの(くるま)に わざと(ちか)づくなど
あぶない運転(うんてん)を することです。

2017(ねん)には あおり運転(うんてん)原因(げんいん)で、
2人(ふたり)が ()くなる事故(じこ)が ()きました。

()くなった(ひと)の 家族(かぞく)
「あおり運転(うんてん)の (つみ)
もっと (おも)くしてほしい」と
(はな)しています。

あおり運転(うんてん)
うけないように するためには、
ドライブレコーダーが
(やく)に たちます。

ドライブレコーダーは
(くるま)につける ビデオカメラで、
自分(じぶん)(くるま)の まわりの様子(ようす)
記録(きろく)することが できます。

「ドライブレコーダーを
つけています」という シールを
(くるま)に はっておくだけでも
効果(こうか)があるそうです。

おたがいに ゆずりあう気持(きも)ちを もって
運転(うんてん)したいですね。

 

ニュースの種類しゅるい