カジノをみとめる 法律が できた

国会の写真
国会(こっかい)
(写真(しゃしん)提供(ていきょう)毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ))

(音声(おんせい)西山(にしやま) 祐樹(ゆうき)さん)

2018(ねん)(がつ)20(にち)
カジノを(ふく)む 「統合型(とうごうがた)リゾート」を
つくるための 法律(ほうりつ)
あたらしく できました。

統合型(とうごうがた)リゾート」とは、
ホテルや カジノなどを
(ひと)つの場所(ばしょ)(あつ)めた 施設(しせつ)のことです。
カジノでは、お(かね)をかけて
(あそ)ぶことができます。

(くに)は、
統合型(とうごうがた)リゾート」を つくることで
観光(かんこう)する(ひと)()え 経済(けいざい)がよくなると
(かんが)えています。

しかし、カジノで
(かね)をかけるのを やめられなくなり、
たくさんお(かね)を 使(つか)ってしまう(ひと)も います。
そのため、反対(はんたい)する(こえ)も あがっています。